-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-01-08 (Thu)
 今はUTAUを封じている身ですが、まだUTAUを始めたばかりの頃調教をしながら思ったことのメモを発掘したので、いくつか載せておこうと思います。当時は初心者で用語も分かりませんでしたから、今から見ると基本的すぎることをメモってたんだなと思いますね(^_^;

※あくまで、私が思ったことを書いたメモです。調教法として正しいとかの確証はありません。それでもいい方は「続きを読む」からどうぞ。
・ピッチの前半を上げると喘ぎっぽくなるww
・音が歪んでる場合、ピッチやエンベロープが変になっている可能性あり
・ピッチいじってから音符の長さを変えると、音が歪むorz
 作業の順番は計画的に
・短い母音で先行発音、オーバーラップをでかくしすぎると消える
・Yはぜひ使う
 高い声のライブラリはY30くらいにしといた方がいいらしい
 低い声のライブラリはY0でおk

・子音が強すぎる場合
 先行発音、オーバーラップを上げてごまかす
 BREを下げる(一つずついじるのが面倒ならいっそBRE0)
 エンベロープを下げる
・子音が弱すぎる場合
 BREを上げる
 エンベロープを上げる
・語のまとまりの後半は子音弱めに
・語尾はエンベロープを小さめに

・おま☆かせは滑らかになるが
 オーバーラップ効きすぎ→声がにごる
 ピッチがそろえられる→ロボっぽい
 ので、つなぎが悪くないところにはかけない方がいい
・音をはっきり→片言、音を滑らか→声がにごる
 どっちを取るかは好みの問題(私は前者の方が好き)
・原音設定で先行発音・オーバーラップの設定が必要ないもの(空欄、0になっているもの)も、全部5くらいにしておくとつながりがよくなる

 初期はまだおま☆かせに頼らずに頑張っていたらしいです、自分。「はっきり発音されているのが好きだから、おま☆かせで滑らかになんてしないぜ!」と硬派ぶっていた時期が私にもありました。
 主な理由は、「しゃべらせてみた」でリズム感を出すため、短い音符を多用していたからです。短い音はおま☆かせの影響が強すぎて何しゃべってるか分からなくなったので。
 しかしある日、「音符を短くするんじゃなくてテンポ自体を早くすればいい」という初歩的なことに気づいて、おま☆かせも普通に使うようになりました。今では、「テンポ200→台詞を打ち込む→大雑把に音符の高低を決める→長さを決める→おま☆かせ→微調整」でかなり時間短縮しました。
 歌わせ方は知りませんが、しゃべらせ方はいつか私のやり方を載せてみたいです(ボーカロイドでもしゃべらせ方を載せている方がほとんどいないんですよね。見かけた方がいらっしゃったら教えてください!)
スポンサーサイト
| UTAU | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。