-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-02-11 (Wed)
久方ぶりのオフですよー。
土日も全部説明会だったんで本当何日ぶりの休みですか……(T▽T)

私があくせくしている間に中の人がものすごく義務教育課程な音源がきていたのですね/(^0^)\
消臭Pのアンケートで成人している方が多かったから油断してましたwww
楽音と歩音の中の人が同年代っぽいんですが、この二人は同一人物ではないですよね……?
歩音の中の人のサイトは一応巡ってきました。
相互リンク募集したり実年齢とギャップのあることを強調したがったりするところがリアルに義務教育っぽいなと感じました。
たぶん釣りではここまで再現できないだろうと判断。
(てか、今ついでにピアプロのコラボで「UTAU」を検索したら小学生の巣窟でした。
もう突っ込みきれないんで無視でいいすかwww)

で、ほんまもんの義務教育中の方という前提で書きますが。
私もテンプレートを作り始める時点で、このことを考慮していなかったわけではありません。
項目を細分化しまくっていたのは、「創作者を信頼してあえて大雑把なことしか書かない人」を想定していたのが第一です。
が、ちょっと失礼かと思って伏せていましたが「自分で責任のある判断ができない人」も想定していました(さすがに義務教育より上の年齢を想像していましたが……)
「こういうこともちゃんと考慮して音源作ってください」という意味合いでテンプレートは必要だと思います。

同時に、私が「結局は創作者の配慮が重要」と言った理由も、かなりこの想定に関わってきます。
例えば、未成年者の中の人がテンプレートで「18禁もばっちこーい☆」と答えたとき、18禁ぽろんぽろん書いていいはずがありません。
18禁おkで自分の音源の作品を見てみたい未成年者の中の人は、いくら隠しても見に来る人は見に来るでしょう。
18禁を18歳未満に見せないよう最大限努力するのは創作者の義務ですから、こういうところは「創作者が配慮」しなくてはならないわけです。
これはまぁ極端な例ですが。
(実際に創作する方は配慮できる方がほとんどだと存じております。ただ昨今は特に子供がからむと法に引っかかりかねないので、うっかりは許されないという再確認の意を込めて。
ちなみに上記の例の解決策は「18歳未満は「18禁は嫌」の項目を強制選択していただく」しかないと思いますが……自己申告でちゃんと選択してくれるのかはやってみないとなんとも。
あ、もちろん私に強制する権限はないと分かっていますので。テンプレートの回答も任意ですし)
「創作者が創作物に責任を持って対処しなければならない」と言っているのは、テンプレートはあくまで参考にしかならないという限界を自分でも意識しているからです。

今回の新音源で、私はテンプレートは必要なのではないかと再認識しました。
しかし、限界はどうあがいても付きまといます。
その限界をどう対処していくか……どうか引き続きご協力をお願いいたします。

ついでに「続きを読む」で私の超個人的なUTAUの年齢制限作品に対しての思い。
結論だけ書いておきますと、私はUTAUで百合も薔薇もエロも見たくない人です。
もちろん、避ければいい話なので現状そういった作品が出てきていることに不満はありませんが、何度も書いている「創作者側の配慮」とは具体的にどういうことをしてほしいのかということにつながってくるので、あえて記します。
本当個人的な意見だということは念を押しておきます;
私はUTAUで、女の子同士の恋愛的なからみも、男同士の恋愛的なからみも、エロも見たくないという人間です。
だけど自分は18禁BL書きです。
「見たくない人もいる」けれど「書きたいと思う人もいる」(さらにはそれを見たいと思う人もいる)ことを、私は感じ取っているつもりです。
だから、私が見たくないからといって「書くな!」とは絶対に言いたくありません(言ったら自分の身がww)。
でも見たくないものを堂々とさらされるのも気に入りません(百合とか見る人を選びそうなものとか)。
結局私は「隠せ」ということを言いたいだけなのかもしれません。
それが見る人と書く人を共存させることができる「創作者の配慮」だと思います。

UTAUで二次創作に関するテンプレートを作るにあたって懸念されるのは
・二次創作の自由度が狭まる
・UTAUの繁栄に支障が出る
とのことだと思います。
「UTAUでエロやBLが増えれば色んな人ホイホイできるんじゃね?」という意見は現にありましたし、それを規制するということは「色んな人をホイホイできない」ということになります。
しかし隠せば見たくない人は「見ない」という選択肢ができますし、創作自体が規制されるわけではなくなります。

具体的にしてほしいことは
・人を選びそうなものは、リンクで飛ぶ前に判りやすい注意文をつける!
・必要ならばワンクッション置く!(作品に飛ぶ前に注意書きのページをはさむとか)
・さらに作品掲載ページの一番上にも注意文をつける!(検索サイトから注意文を飛ばして直接作品ページに飛んでくる可能性も考えられます)
実際これをしているだけで私は心の準備ができて、同じ作品を見るにしてもずいぶん違う心持で見ることができます(ちゃんと考えているんだなと)。

上の方法は個人サイト(HTML)での一例です。
なのでここで気をつけてほしいのが、作品を公開する場の特徴を踏まえること。
・Pixivは18禁以外の規制ができないので、それ以外で人を選ぶものは掲載を避ける
・ニコニコはサムネに配慮し、投稿者コメント、動画が始まる前に注意文を置く
・ブログは個人サイトより融通が利かないので、普通の作品と配慮が必要な作品の区別をしっかりつける工夫をする(いっそ完全にブログ分けちゃうとか)
などなど。

ちゃんとボーダーさえあれば私は許容できます。
そのボーダーの具体的にどこに設定すればいいのか、具体的にどう引けばいいのかの指標になるテンプレートを作れればいいなと思っています。
そのボーダーが堅苦しいと感じる方や、そもそも二次創作が投稿されること自体が心苦しい方もいらっしゃるかもしれませんが。
とりあえず現状テンプレートの立ち位置は私の個人感情に基づいて考えていますので、確認までに。
スポンサーサイト
| UTAU | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。